結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

懐剣(かいけん)

懐剣とは、『打掛』を着るとき帯に指す短剣のことです。この『懐剣』は通常、白い布の袋に入っていて、かつては武家に生まれた女性が護身用に短刀を所持したことが、『懐剣』の由来と言われています。

護身用に実…

»詳細を見る

抱帯(かかえおび)

抱帯とは、『打掛』を着るとき帯の下の位置に結ぶ、とても重要な細い帯のことです。『掛下帯』に付随したもので、華やかな色柄の錦や縮緬、紋綸子などが素材として用いられることが多いですが、今では化学繊維のものも…

»詳細を見る

掛下(かけした)

掛下とは、『打掛』の下に着る『振袖』のことです。着付ける際は『おはしょり』を取らずに裾を引くように着付けます。

『掛下』に色の規定はなく、何色を着用するかについては、特に決まりはありません。ですから…

»詳細を見る

掛下帯(かけしたおび)

掛下帯とは、『打掛』の下に着用する帯のことです。『掛下帯』は礼装用に用いられるもので、『掛下』の『振袖』に結ばれる帯です。

一般的には、『振袖』に合わされる帯として『丸帯』が使用されますが、『掛下』…

»詳細を見る

紙入れ(かみいれ)

紙入れとは、『打掛』を着た際、胸元の襟部分に、ポイントとして挿す和装装飾小物のことです。

この『紙入れ』の本来の役割は、ポケットです。基本的に和装、着物にはポケットがありません。ですから、そのポケッ…

»詳細を見る

角隠し(つのかくし)

角隠しとは、花嫁が婚礼の際、挙式や披露宴において髪を『文金高島田』に結い、その上に被る帯状の白い布のことです。

これは、髪に袷仕立ての長方形の白絹を留まられるようにしたもので、大きさは髪を結っていて…

»詳細を見る

筥迫(はこせこ)

筥迫とは、女性和装の正礼装である『打掛』を着る際に使用する胸元に飾る刺繍と房の付いた飾りの小物入れのことです。この『筥迫』は、胸元の合わせに差し込まれていて、『紙入れ』として実用的に使われていたものでし…

»詳細を見る

丸帯(まるおび)

丸帯とは女性和装の帯の一種で、現在では、主に舞妓の衣装や婚礼衣装として用いられている帯のことです。戦前までは最も格式の高い、第一和装礼装の帯とされていましたが、現在では この『丸帯』の文様は大変豪華なも…

»詳細を見る

綿帽子(わたぼうし)

綿帽子とは、花嫁が白無垢を着る際、頭に被る白い布のことです。この『綿帽子』を被るには、花嫁は昔から伝わる伝統の『文金高島田』を結い、その頭の上にやや深めに白い布、すなわち『綿帽子』を被ります。

『綿…

»詳細を見る
スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.