結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ハネムーン(はねむーん)

ハネムーンとは、結婚式を終えた後、新郎新婦が旅行に出かけること、新婚旅行のことです。『ハネムーン』は、蜂蜜を意味する『ハニー』と月を意味する『ムーン』の合成語です。よって、正しくは『ハニームーン』と発音します。また、日本語では『蜜月』や『新婚旅行』と訳されます。

元々『ハネムーン』とは、結婚後の1ヶ月間を意味していました。しかし、その期間に新婚旅行に行くケースが多いことから、早くて18世紀頃にはすでに新婚旅行を意味して『ハネムーン』という言葉が使われるようになったといわれています。余談ですが、日本初の『ハネムーン』を行った人物は坂本龍馬だといわれているそうです。

この『ハネムーン』の由来には諸説ありますが、その内の一つには『ハニー』は新婚期が蜂蜜のように甘い時期であることを比喩していることが由来とされる説があります。この際の『ムーン』は1ヶ月の期間を指すのではなく、新婚夫婦のお互いの愛情がうつろいゆくのを月の満ち欠けに例えているそうです。つまり、満月、つまり『フルムーン』の何もかもが素晴らしい時期を過ぎると、欠けていく月のように愛情も無くなっていくものだというような、現実的な冷めた見方を含んでいるようです。

また他には、『ハニー』は古代ゲルマン民族が飲んでいた蜂蜜酒のことを指していると言う説もあります。これは、薄めた蜂蜜をアルコール発酵させたものです。蜂蜜は滋養強壮品であり、蜂の多産にあやかるという意味からも、結婚後30日間、新郎は蜂蜜酒を飲んで子作りに励むという習慣があったそうです。

ほとんどが略奪婚だった時代ですから、まだ人類が部落単位で生活していた頃には、近親相姦を避けるために外部の血を取り入れていました。つまり、他の部落から女を迎え入れるという風習があり、多くは平和的で合意の上での結婚でしたが、形式的には略奪婚となっていたようです。

略奪婚の場合には、慣習的に略奪された側の部落は花嫁を取り返すために努力をし、花婿は花嫁を奪った後、安全な自分の部落まで逃げ切る必要がありました。しかしこれは儀式的なもので、花婿は追っ手から逃げ延びることによって、男らしさを誇示し、花婿になるにふさわしい男として認められたようです。このときに逃避行するための力を得るために蜂蜜酒を飲んだとされています。

また、中世ヨーロッパでは、街の外に自由に出ることは禁止されていた為に、新郎新婦も追っ手も略奪逃避にかこつけて旅行を楽しんだようです。これが現在の新婚旅行の由来になったとも言われています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.