結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

荷入れ(にいれ)

荷入れとは、多くの場合女性側が、新居へ家財道具などを運び入れることをいいます。この呼び名は地方によって異なり、東海地方では『荷送り』、関西地方では『荷入れ』『荷出し』などといいます。また、地方によっては『荷物納め』『荷物送り』などと呼ぶところもあります。

この『荷入れ』では、飾り付けをしたトラックに婚礼の荷物を載せ、挙式の2~3週間前、吉日の午前中を選んで行われるのが慣習となっています。これは、単なる『引越し』と言うよりも、一生に一度の儀式的な意味合いが強いため、この『荷入れ』の車でバックすることはできません。これは、『帰る』ことを暗示させるので、縁起が悪いとされているからです。

当日は家財道具の他に、結納金のお返しの『袴料』や『結納返し』の品、『松魚料』、『家内喜多留』などをお返しするようになっています。そして、女性側は嫁入り道具の品目が記された『荷目録』を納め、これに対し男性側は『荷受書』を渡します。この『荷目録』の品目数は縁起を担いで割り切れない奇数に合せるのが通常です。この他、『受書』や『目録』を渡す際には『白木台』に『広蓋』、『袱紗』と呼ばれる両家ごとの紋入風呂敷を使って受け渡しをするのが正式です。また、地方によっては家族にお土産を贈るような習慣もあるようです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.