結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

水引(みずひき)

水引とは、進物の包み、封筒や贈答品にかける紙紐のことです。結び目が全面中央にあるのが特徴です。この『水引』の色、結び方、本数には用途に応じてどのような時のものかなど、決まりがあります。

例えば、『水引』の色の決まりでは、『祝事』や『慶事』など喜ばしい行事の場合は『紅白』の紐を使います。『不祝事』や『弔事』には『白黒』の紐を使います。この時、『金』色を『紅』の変わりに、『銀』色を『白』の変わりに用いる場合もあります。ウエディングシーンは、『祝事』にあたりますから、『紅白』または『金銀』『金白』などの色の組み合わせの『水引』が使われます。

『水引』の結び方にも意味があります。入学、出産など何度あってもよい行事の際には『蝶むすび』を用います。一方、弔事、病気見舞いなど、一度きりでよいことには、ほどけない『結び切り』を用いることが一般的です。ウエディングシーンは、何度もあって良いことではありませんから、『結び切り』で結ばれます。この他、『鮑結び』は、どちらの場合にも使用することができます。『慶事』の際には、松竹梅や鶴亀などを象った水引細工を組み合わせて、飾りとして用いることもあります。

また、『水引』の本数にも決まりがあります。一般的に水引は5本の紐で結ばれますが、3本結びや7本結びもあります。5本の紐を用いる由来については、いくつかの説があり、手の5本指を象徴しているという説と、陰陽五行説に由来しているという説が有力だと言われています。

『水引』がこのように中央で全てが交わる形の由来は、贈り手と受取手がお互いの手を取り合っている様子を示していることにあると言われています。

この『水引』の起源は古代日本にあると言われ、元々『水引』の紐の色は白一色だったようです。それは『水引』の紐は神前へ奉納するための供物を束ねる紐として用いられていたので、神聖で穢れがない色を使用する必要があり、白色が用いられたからです。一方、宮中への献上品には『紅白』の麻紐が用いられていました。これは飛鳥時代の遣唐使、小野妹子が唐からの献上品に『紅白』の麻紐を用いたことが始まりだといわれています。しかし、このような習慣が一般的になったのは平安時代になってからだと言われます。そのうちに元結を紙で作ることが発明され、だんだんと『水引』が普及していきました。

この『水引』という言葉の語源にも二つの説があります。一つは『水引』の元となった麻を水の中で洗い清め、引っ張りながら伸ばしていったことから『水引』と呼ばれるようになったとする説と、もう一つは紙をよって紙縒りにして、そのまま水糊を引いて乾燥させ、よりが戻らないようにして固めるという製法から、『水引』という名がついたとする説です。

ウエディングシーンでは、相手に失礼にならないよう、この『水引』の結び方や色、本数など、間違えないように気をつけましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.