結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ウエディングケーキ(うぇでぃんぐけーき)

ウエディングケーキとは、披露宴で新郎新婦がケーキにナイフを入れる『ケーキ入刀』や、その後新郎新婦がお互いに食べさせ合いをする『ファーストバイト』などの演出で使われるケーキのことです。

この『ウエディングケーキ』ですが、現代の『ウエディングケーキ』は大きく分けて、式後にデザートとして食べる『生ケーキ』タイプのものと、入刀の為だけに作られていて食べられない『入刀用ケーキ』の二通りがあります。入刀用ケーキは背も高く豪勢ですが、近年では生ケーキのほうが人気なようです。

このケーキの種類にも、生クリームタイプや細工が美しいシュガーケーキ、シューを集めたクロカンブッシュ等、様々な種類があります。一般的には、披露宴会場が大きく、広い場合には『入刀用のケーキ』が豪勢で目立つので良いと言われますし、『レストランウエディング』などで、レストランのケーキをウエディングケーキにするという場合は、必然的に『生ケーキ』タイプのケーキとなり、入刀の後で、ゲストにも振る舞われます。

この『ウエディングケーキ』の歴史は大変古く、古代ギリシャ時代に遡ると言われています。ギリシャのロードス島で作られていた『ジンジャーブレッド』などの香辛料の入った『スパイシーケーキ』がその由来と言われています。この『スパイシーケーキ』が結婚式のお菓子として常用されていましたが、やがて砂糖、バター、卵、豊饒を意味するぶどう、繁栄を意味する木の実の他、様々なフルーツや洋酒などの調味料を加え、固く焼き上げた『フルーツケーキ』へと形を変えていきました。結婚する両家の人が材料を持ちよって、ケーキを焼いて作ったのが始まりと言われています。砂糖が貴重だった時代に、豊かさと繁栄と幸福のシンボルとされ、この『ウエディングケーキ』に願いを込めて作っていたのです。

また、フランスでは、伝統的なケーキ、『クロカンブッシュ』が『ウエディングケーキ』として有名ですが、これも、たくさんのシューを飴で固めているところから子宝に恵まれるといわれ、縁起をかついで食べられます。

海を隔ててイギリスでは、18世紀後半頃、ラム酒に漬け込んだフルーツが入っているバターケーキ、『プラムケーキ』に薄く伸ばしたマジパンをかぶせ、シュガーペーストでレースのような装飾を施し、新郎新婦の人形や造花を飾った『ウエディングケーキ』が作られるようになります。最初は一段のみのケーキでしたが、19世紀中頃になると現在の『入刀用ケーキ』のような三段重ねのケーキが主流となります。このころは偽物ではありませんから、三段とも食べられるケーキです。下段のケーキは披露宴の食卓にてゲストに供され、中段は欠席した客に配られ、上段は夫婦の最初の子供のために保存されるケーキとなりました。

この背の高い『ウエディングケーキ』には、夫婦のこれからの繁栄を願った重いが込められています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.