結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

花嫁の手紙(はなよめのてがみ)

花嫁の手紙とは、披露宴の演出の中でも、感動の演出の一つで、披露宴のクライマックスに、『花束贈呈』や『記念品贈呈』の前に、花嫁が自分の両親に宛てて読む手紙のことです。

親への育ててくれた感謝や今までの思い出を手紙にしたためて、これまでのことはもちろん、これからどのようにしていきたいか、今日を迎えられた喜びなどを、両親へ宛てて書きます。この『花嫁の手紙』の演出で、手紙をゲスト全員の前で読む花嫁も、それを聞く両親も、ゲスト全員、会場全体が感動して、クライマックスシーンにふさわしい演出となります。

この『花嫁の手紙』は、本来であれば、花嫁が自分自身で読みます。しかし、照れくさい場合や、両親に「泣いちゃうから、手紙はなしにしてね。」などと言われ、読みづらい場合などには、司会者に手紙を渡しておき、読んで貰うことも可能です。また、この手紙は、両親に渡すまでが、『花嫁の手紙』の演出ですから、きちんと封筒に入れて当日会場へ持っていくようにしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.