結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

披露宴(ひろうえん)

披露宴とは、挙式の後、お二人の結婚を報告するパーティで、親族や上司、恩師、友人などをもてなす宴席のことです。新郎新婦が結婚の誓いを立てる儀式が『挙式』で、結婚した二人の晴れ姿をお披露目する宴席がこの『披露宴』となります。

披露宴には、日頃お世話になっている人、親しい友人、親族などを招待し、今までの感謝を示すとともに、これからのお付き合いをお願いする場です。そのことを踏まえて、ゲストへの配慮、心配りをするようにすることが、『披露宴』を成功させるコツです。

また、この『披露宴』は新郎新婦の晴れ姿を披露するという意味合いも強いので、招待客は単に出席するだけでなく、料理を味わいつつスピーチやケーキ入刀といった様々な演出を楽しむのが、『披露宴』です。

『披露宴』の内容としては、一般的には大きく分けて二つ、『披露式』と『宴』で構成されています。『披露式』は新郎新婦のプロフィールを紹介したり、ウエルカムスピーチをしたり、来賓の祝辞があったり、ケーキカット、乾杯までの新郎新婦を披露する儀式のことです。

乾杯の後は、料理が運ばれてきますので、ここからはゲストをもてなす『宴』となります。この時の席順としては、お二人の高砂に近い席ほど、主賓などの格の高いゲストの座る上座となり、新郎新婦に縁の近いゲストほどお二人から遠くの席になるため、両親は会場の一番端の下座に座ります。

この『披露宴』が始まったのは、明治に入ってからと言われています。これ以前には、実際には挙式や披露宴の形式はなく、武家では結納、嫁入りの儀式が行われていたものの、庶民は婿入りの通い婚が一般的であり、家督相続の際にのみ『お披露目の祝宴』を設けるというのが一般的でした。

その後、明治維新で文明開化された折、『神前式』という結婚式の形式ができ、その挙式後の『披露宴』が始まったのが現在の『披露宴』の由来とされています。

ちなみにこの時の『神前式』は、西欧の婚姻においてキリスト教の神様の前に結婚を誓うことを参考に、日本らしい結婚式として日本の神様の前で結婚を誓う『神前式』が生まれ、『披露宴』というのも西欧の『洋食正餐』を参考として取り入れた儀式の一つでした。それが戦後の高度成長時代に急速に庶民にも普及し、現在の挙式・披露宴の形となったと言われています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.