結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

敬百文(けいびゃくもん)

敬百文とは、『仏前式』の儀式の中で使われるアイテムの一つで、『敬百文朗読』という儀式の際、僧侶によって仏に向かって読まれるもののことです。この『敬百』とは、「仏への報告」という意味があり、僧侶より、お二人の結婚を仏へ報告するという意味があります。

そもそもこの『仏前式』は、仏に二人の愛を誓うのと同時に、先祖の霊にお二人のご結婚の約束を報告するという目的で行われます。ですから、『仏前式』では、多くの場合、式の始めの方に『敬百文朗読』の儀式があります。その後、指輪を交換する前に『念珠授与』の儀式があり、その後『指輪交換』と続くのが主な流れです。

この『神前式』の始まりは、明治26年に真宗本願寺派の学僧が、東京でこの『仏前式』を行ったのが始まりとされています。仏教では二人のめぐりあい、夫婦となることはうまれる前から決められていた因縁による結びつきだと考えられているので、この『敬百』を僧侶が朗読することにより、先祖・仏へその結びつきの報告をする儀式があるのだそうです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.