結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

箸取りの儀(はしとりのぎ)

箸取りの儀とは、『島台』という台の上に美しく盛り付けられた色とりどりの和菓子を新郎新婦が箸を使って、皿に取り分け、ご両家挙式列席者に振る舞うという儀式のことです。

この『箸取りの儀』は、かつてから広く行われていた儀式ではありません。その昔、京都の方で、公家の婚礼の際に行われていた儀式だったと言われています。『箸取りの儀式』により、新郎新婦の両家と列席者との末永い繁栄を願った、厳かな古式行事と言えるでしょう。もともとが公家の婚礼儀式であったことを感じさせる、優美で品のある儀式です。

また、この『箸取りの儀』には、伝説があると言われています。大昔、新郎自らが竹藪に入って竹から箸を作り、その箸で色とりどりの和菓子を皿に取り分け、両家の列席者に振る舞うことで、「一生食べさせていきます、食に困りませんように」などと願いをこめたという言い伝えです。この伝説を重んじて、実際に竹から作った箸を用いてこの『箸取りの儀』をする神社もあります。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.