結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

玉串奉奠(たまぐしほうてん)

玉串奉奠とは、神へ『紙垂(しで)』という紙や『木綿(ゆう)』を付けた『榊』など常緑樹の小枝、すなわち『玉串』を捧げて拝礼する儀式のことです。

この儀式自体は婚礼だけでなく、神事においては慶事に限らず弔事にも必ず行われる重要な儀式です。この『玉串奉奠』とは、その漢字の通り、「玉串を奉(たてまつ)りて拝礼」という意味になります。

『玉串奉奠』の儀式作法としては、まず新郎新婦のお二人が神前に進み出ます。そこで、神官や巫女に一礼し、『玉串』を両手で受け取ります。ここからの手順は良く覚えておかなければ、わからなくなってしまいます。

まず、右手で『玉串』の枝の根元をつかみ左手で葉を支えます。そして『玉串』を自分の顔に寄せて祈念し、願いを込めます。そこで、軽く一礼して、神前に用意された『玉串案』という机の前に進み出て、手に持った『玉串』を時計回りに半回転させ、根の方向が神に、葉の方向が自分の方向を向く様にして神に『玉串』を捧げます。

この『玉串奉奠』をした後は、二礼して、二拍手して、一礼の作法で拝礼、そして席に戻ります。『神前式』挙式の際には、『誓詞奏上』の後に『玉串奉奠』が行われる流れとなります。媒酌人がいる場合には、新郎新婦が奉奠した後に、媒酌人も同様に奉奠するのが習わしです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.