結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

玉串(たまぐし)

玉串とは、神に捧げる供え物の『弊帛(へいはく)・御弊(ごへい)』の一つであり、『紙垂(しで)』という紙や『木綿(ゆう)』を付けた『榊』など常緑樹の小枝のことです。

この時、『榊』は神の繁栄を、『紙垂』『木綿』は神の衣をそれぞれ表していると言われます。この『玉串』を神前に捧げる事によって『恭順の心』を表し、神と人を繋ぐ意味があると言われています。つまり、この『玉串』は『神前式』の挙式で神殿に捧げられるものです。

この『玉串』の由来としては、神話において天照大神が岩戸隠れした際に、フトダマが玉や鏡などを付けた『五百津真賢木(いほつのまさかき)』を捧げ持ったとの記述があり、これが『玉串』の由来とされることもありますが、実際には神霊の依代が『玉串』の由来であるとの考えが一般的です。

また、この『たまぐし』という言葉の語源については諸説あります。有名な本居宣長は『手向串』の意と解釈していますが、平田篤胤らは神話の記述のように玉を付けたから『玉串』だとしています。また、『たま』とは『魂』を表すとする説もあります。

神前に捧げる『玉串』の料金として、『神前式』の挙式料金を『玉串料』と呼ぶこともあります。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.