結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

誓詞(せいし)・誓詞奏上(せいしそうじょう)

誓詞奏上とは、『神前式』の儀式のひとつで、『三献の儀』、『指輪交換』の儀式の後、新郎新婦が神前に進み出て、『誓詞』という連盟で綴った誓いの言葉を読み上げる儀式のことです。

この『誓詞奏上』において、『誓詞』を読み上げることによって、新郎新婦が神に結婚を誓ったこととなります。多くの場合は、主に新郎が読み、新婦は自分の名前のみを読み加える形で読み上げられます。そして、この『誓詞奏上』において読み終えられた『誓詞』は左から巻いて、玉串案上に置きます。『誓詞』は自分たちで考えるのではなく、定型文が式場に用意されています。多くの場合は、古語ではなくて現代語で書かれています。但し、ご希望があれば、自分たちの言葉で『誓詞』を考えたいということも可能なことがあります。気軽に式場へ問い合わせてみましょう。

この『誓詞』に書かれていることは、夫婦の守るべき道のようなことが書かれています。自分たちで考える場合にも、このことを考慮して書かれると良いでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.