結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

三方(さんぽう・さんぼう)

三方とは、『神前式』の際に使う神具の一つで、供物を載せる四角い台のことです。一般的に使われる『三方』は、檜などの『素木(しらき)』による木製のもので、『折敷(おしき)』と呼ばれる盆の下に直方体状の台(胴とも呼ばれる)がついた形をしています。この名前の由来は、台の三方向に穴があいていることから、『三方』と呼ばれるようになったと言われています。

この『三方』を供える向きとしては、神前に供える際であれば、綴り目の反対側の穴のない側が神前に向くようにするのが習わしです。この『三方』を持つときは、『神饌』が載っている『三方』を、親指を左右の縁に、その他の指を折敷と台に当て、目の高さにまで持ち上げて持ちましょう。

ブライダルシーンにおいて、新郎新婦に『三方』について問われるシーンはございませんが、豆知識として知っておき、『神前式』挙式の際に、名称やどのように運ばれてくるのかなどを知っておくと、挙式をより楽しむことができるでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.