結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

三三九度(さんさんくど)

三三九度とは、神前挙式の儀式のひとつで、正式には『三献の儀』と呼ばれる儀式です。この他にも『誓杯の儀』『夫婦固めの杯』などとも呼ばれます。ですから、『三三九度』と呼ばれる場合には、多くの場合がどのようにするかイメージしやすくするために、良く聞いたことのある言葉として、説明する際『三三九度』と呼ぶことが多いようです。

この『三三九度』とは、小中大の盃を新郎新婦が順に酌み交わす儀式のことです。『神前式』の進行の中では『祝詞奏上』の後に行われます。新郎新婦が交互に各三回ずつ、計九杯のお神酒を飲むという意味から『三三九度』と呼ばれます。

『神前式』では、巫女が御神酒を注いでくれ、その杯を両手で受けて、最初の二口は杯に口をつけるだけ、三口目で飲み乾すのが慣わしです。または、お酒が飲めない人は飲むふりだけでも結構です。この『三三九度』の意味は、二人の結婚を祝福して神様から御神酒を頂き、御神酒を飲むことで体の中に神様の力を取り入れるという意味があります。

順番と流れを詳しく説明しましょう。まず、『小盃』『小杯』『一献目』では、新郎が受け、新婦へ渡し、最後に新郎へと杯が流れます。これには、新郎新婦の二人の巡り合わせ、すなわち過去を先祖に感謝する意味が込められています。次に『中盃』『中杯』『二献目』では、新婦が受け、新郎へ渡し、最後に新婦へと杯が流れます。これには、二人で末永く力を合わせ生きていくこと、すなわち現在の意味が込められています。最後に、『大盃』『大杯』『三献目』では、新郎が受け、新婦へ渡し、最後に新郎へと杯が流れます。これには、一家の安泰と子孫繁栄、すなわち未来への願いを込めています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.