結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

三献の儀(さんこんのぎ)

三献の儀とは、神前挙式の儀式の一つで、神前結婚式の『三三九度』の儀式のことです。他に、『さんけんのぎ』、『さんごんのぎ』とも読まれます。本来は、結婚式だけではなく、戦へ『出陣』する際、『帰陣』する際、『祝言』などの際の『献杯の礼』を指していました。

この儀式の中身としては、『打ちあわび』『勝ち栗』『昆布』の三品を肴に酒を三度ずつ飲み干すもので、武士が栄えた室町時代から武士の『出陣』『婚礼』『式典』や『接待宴席』などの際に、重要な儀式とされてきました。特に『出陣』での三献は、三献目の盃を飲み乾した後、地面に打ち付けて割り、大将が鬨(とき)の声を挙げ陣営を鼓舞していたと言われています。

現在では、結婚式以外には、正月や選挙の出陣式、端午の節句や七五三、祭りなどにおいてよく見られる光景かと思われます。

ウエディングシーンにおいての、『三献の儀』の手順は、まず巫女さんが注いだ御神酒の杯を新郎が受けます。同じ杯で新婦が受け『一献』、次に新婦が受け、同じ杯で新郎が受け『二献』、となります。そして最後に再び新郎が受け、同じ杯を新婦が受け『三献』、となります。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.