結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

バージンロード(ばーじんろーど)

バージンロードとは、『チャペル式』『キリスト教式結婚式』の挙式において花嫁が入場して、祭壇に向かって歩くまでの、教会の入り口から祭壇に向かう中央の通路に敷かれた布、もしくはその通路のことです。

この『バージンロード』という言葉は和製英語ですから、外国では違う呼び名を持っています。英語では『ウェディングロード』または『アイル』と呼ばれます。花嫁の汚れない純潔さを象徴していると言われる『バージンロード』ですが、神の前で二人が導かれて結ばれることを挙式で表現するための重要な意味を持っています。

基本的には、新婦を先導して歩く『リングボーイ』や『フラワーガール』以外には、ゲストはバージンロードを踏んではいけませんので、脇道からそれぞれの席へついていただくことになります。『キリスト教式結婚式』の場合には、花嫁がその父親もしくは大切な人と左腕を組んで入場し、花嫁が祭壇の近くまで来たら、新郎が歩み寄り、父親は腕を解き、新婦を新郎に託すという流れになります。挙式後は新郎新婦が腕を組んで共に『バージンロード』を歩いて退場するのが一般的です。

『バージンロード』に関しては、主にプロテスタントでは白い布が用いられることが多いです。また、カトリックでは赤い絨毯のバージンロードが用いられることが多いです。この他にも、布を敷いておらず、大理石の床になっているところもあります。但し本来は、赤い絨毯のものや大理石のものは『バージンロード』とは呼びません。白い布のものを『バージンロード』と呼ぶのが正式なので、豆知識として心に留めて置くと良いでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.