結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

神前式(しんぜんしき)

神前式とは、日本に古くから伝わる伝統的なしきたりを尊び、格調高く、古式ゆかしい雰囲気のなかで行われる挙式スタイルで、神の前で結婚の誓いを立てる挙式スタイルのことです。

会場としては、神社、ホテル・式場に設けられた神殿などで行われ、式での服装とは、新婦は『白無垢』に『綿帽子』または『角隠し』、新郎は『紋付』で挙式を執り行います。各の親、兄弟、親族全てが家どうしで深く結びつくという日本古来の伝統的な考え方を元に行われるのが『神前式』ですし、神社などの場合スペースも限られることから、基本的に参列できるのは親族だけです。しかし最近では、ホテル内の神前式会場も比較的広く作ってあったり、友人用の席を設けていたりするところもあり、会社関係の方・友人などが列席できるところもあります。

この『神前式』で行われる内容としては、『誓盃の儀(三三九度の盃を交わすこと)』、『玉串奉奠(たまぐしほうてん)』、『誓詞奏上』、『指輪の交換』などの儀式で、結婚を誓い、結婚を先祖の神々に報告するという意味があります。また、雅楽の演奏や舞が入るところもあり、神社だけでなくホテルなどの会場でも生演奏で雅楽を聴くことができたり、舞を頼むことができるようになっていたりするところもあります。

元々は古く室町時代の武家の結婚式が起源とされています。しかし、今日のような『神前式』が始まったのは、意外に新しく、明治33年に大正天皇のご成婚を記念して日比谷大神宮(現大東京神宮)で行った結婚式が最初と言われています。この時、日本に流れ込んできた『キリスト教式結婚式』の式の流れや内容を参考に、『神前式』の流れも決められたと言われています。

日本では、最も古い形での結婚の儀式は各家の床の間に祀られた神様の前で夫婦の契りを結び固めて行われたと言われています。それが、教会へ出向いて結婚式を挙げる西洋の文化より、明治時代以降は、結婚式は床の間での儀式から、神社で執り行われるように変化していきます。この『神前式』の神様は、一般的には夫婦円満の神様が選ばれることが多く、天照大神(あまてらすおおみのかみ)の親とされている伊弉諾(イザナギ)や伊弉冉(イザナミ)の神様が祀られる場所で『神前式』をされる方も多いです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.