結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)

文金高島田とは、代表的な日本髪のことで、ウエディングシーンにおいては、花嫁が『白無垢』や『打掛』を着るときの髪型をいいます。

この『文金高島田』ですが、未婚女性の代表的な髪型です。髷(まげ)を一回縛って島田髷の髷の根を上げて髷を高くし、額の方へ前に出した結い方の和装ヘアスタイルで、気品あふれる優雅な髪型です。

そもそも、江戸時代には300種類もの髪型があったと言われています。その中でもこの『文金高島田』は武家の若い女性や遊女の髪形であり、格の高い髪型ではありませんでした。しかしそれが次第に花嫁の髪型として用いられるようになり、明治時代以降には花嫁の正装時の髪型として定着していきました。

この『文金高島田』の『島田髷』の由来には諸説あります。江戸初期の寛永の頃、京都四条の女歌舞伎役者が始めたという説。歌舞伎の島田甚吉・万吉の髪型からきているという説。東海道の島田宿の遊女から始まったという説などがありますが、明確には分かっていません。

しかし、『文金高島田』の『文金』は江戸時代の男性の髪形である『文金風』からきているとされています。髷の根をあげて前に出し、月代(さかやき)(男の額髪を頭の中央にかけて半月型に剃り落としたもの)に向かって急傾斜させたスタイルを指します。この『文金風』は、その髷の高さから優雅なものであるとされていて、次第に女髷にも取り入れられるようになったようです。

そして、その後『文金高島田』に発展していったとされます。また、八代将軍徳川吉宗の時代に貨幣改鋳があり、その時の小判は『文金』と呼ばれていました。嫁ぐ娘のために母親が髪の中に小判を一枚忍ばせ、そのために高く結い上げられたことが文金と呼ばれる髪型をしたことが『文金高島田』の由来であるとも言われています。また、このお金を忍ばせる意外にも、針や楊枝などを髷に入れて高くしたことから、『針うち』と呼ばれることもありました。

このような由来や本来の意味はともかく、現在では和装正装のヘアスタイルですし、未婚最後の日でもある挙式日に、未婚女性の髪型である『文金高島田』を結うのはとても品のあることです。一度美容師に問い合わせてみると良いでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.