結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

簪(かんざし)

簪とは、和装着用の際、鬘に飾る装飾品として、または洋髪のヘッドドレスとして、髪に挿す飾りの一つです。元々は『かみさし』と呼んでいたものがなまって『簪』と呼ばれるようになったという説もあります。また『簪』のことを『笄(こうがい)』とも呼ぶ場合がありますが、基本的に『簪』と『笄』は別物です。

その昔の日本では、『簪』を指すのではなく、髪に直接生花を挿し、これを『挿頭花』と呼んでいました。これが、『簪』の原型と言われています。それが奈良・平安時代になり、『釵子』という金、銀、銅などの棒を折り曲げた二本足のものが使用されるようになりました。その後鎌倉・室町時代になるにつれ次第に女性の髪飾りとして『簪』が発展していきました。江戸時代においては、日本髪結びが複雑になっていく傾向があり、それに合わせてより装飾的なものとして『簪』が発展していきました。

婚礼のシーンにおいては、『簪』は和装のヘッドドレスとして人気の高いもので、様々な種類があります。気になる場合は式場の美容室に問い合わせてみましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.