結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

プリザーブドブーケ(ぷりざーぶどぶーけ)

プリザーブドブーケとは、生花を瞬間冷凍し樹液の水分を抜き、代わりに着色料や保存料などを含んだプリザーブド溶液に浸して、数時間から数日間にわたり花の力によって液を吸わせ、人工的に生きているかのように保存された花で作られたブーケのことです。

この『プリザーブドフラワー』は1991年にフランスのベルモント社によって開発され、以来人気のある花の加工法です。『プリザーブド』とは「保存された」という意味で、『プリザーブドフラワー』とは、「保存された花」という意味です。ドライフラワーでは、色が少しあせて、枯れたようになってしまいますが、それとは異なり、人工的に色を花に吸わせているため発色が良く、生花に近い質感のまま保存することが可能なことが特徴です。

溶液は天然色素やグリセリンなどオーガニックな素材が使用されることが多いようですが、その溶液や色素によっては、『青いバラ』など自然界に存在しない色の花を造ることもでき、色のアレンジを楽しむことができます。また、時間をかけて花の力によって溶液を吸わせるという課程から、着色したものと比べ自然な風合いが生まれるので、最近はこの『プリザーブドフラワー』を使ったブーケも人気があります。

但し、直射日光や湿度には弱いため保存に気をつける必要がありますが、状態が良ければ数年間は保存が可能です。『ブーケ』を記念に手元に残したい人にお勧めです。ただ、多くの場合は、挙式・披露宴時には『生花』のブーケを使用し、結婚式終了後に回収してもらってプリザーブド加工を施して保存をしてもらいます。この時、そのままの大きさでは大きいという場合は、ミニブーケにする人もいます。リゾートウェディングや海外挙式などで、挙式日とパーティの日にちが違う場合は、『プリザーブドブーケ』であれば、同じものを使用できるという利点があります。また、飾っておく場合にも、水やりが要らないので、手入れが簡単です。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.