結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

手焼き(てやき)

手焼きとは、撮影したネガやポジフィルムを、専門家の手によって丁寧に1枚1枚プリントする仕上げ方法のことです。

この『手焼き』では、写真の持つ『色調』、『濃度』、『トリミング』など細かい点をお二人の指定通りにできるとして、『婚礼写真』を撮る方に人気がありました。普通、プリントに出すと、自動化された機械で処理され、俗に言う『機械焼き』がされる訳ですが、『手焼き』の場合プリント料金は割高ですが、写真に色や深みが増し、独特の雰囲気が表れるとして、人気でした。

『手焼き』された写真には自然に写真の回りに黒いフチができるのが特徴で、それもアンティーク写真に良く見られます。但し、現在では、『記念写真』に使われるカメラとして『デジタル一眼レフカメラ』が増えてきているので、このように『手焼き』されて加工されるよりは、画像データをパソコンで補正することのほうが多くなってきています。

もちろんデジタル加工された場合、わざとアンティーク感を出すために写真のフチを黒くしたり、セピア色にしたり、色調の補正などもパソコン上でできるようになります。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.