結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

綿帽子(わたぼうし)

綿帽子とは、花嫁が白無垢を着る際、頭に被る白い布のことです。この『綿帽子』を被るには、花嫁は昔から伝わる伝統の『文金高島田』を結い、その頭の上にやや深めに白い布、すなわち『綿帽子』を被ります。

『綿帽子』とは、袷仕立ての白絹を袋状に仕立てて被れるようにしたもので、大きさは花嫁が髪を結ってある程度大きな頭になっていてもそれをすっぽりと額ほどまで覆う程あります。そうなると、夏場に苦労するということで、夏場の婚礼用に、涼しげな生地で仕立てられた綿帽子もあり、また、有名なデザイナーの白無垢衣裳の場合には、この『綿帽子』もデザインされている場合があります。

この『綿帽子』の起源は、室町時代にまで遡ると言われます。室町時代後期、当時の武家夫人の外出時の衣装『被着(かづき)』が『綿帽子』の起源とされています。この『被着』は、『小袖』を頭から被るようにして着用されていて、それが江戸時代になると、『綿帽子』へと派生し、普及していったと言われます。

そもそも『小袖』を頭から被った理由は防寒の為、またはほこりよけなどの目的で使用されていたのですが、欧米から『ウエディングドレス』に『ベール』を被る文化が入ってくると、融合し、日本でも『ベール』と同じおうな目的で『綿帽子』が婚礼に取り入れられるようになりました。

この『綿帽子』は『色打掛』には用いません。『白無垢』にのみ用います。基本的には、かつらを借りる美容着付のお店からこの『綿帽子』を借りるようになりますが、まれにデザイナーのものは衣裳店にあったりします。気軽に問い合わせてみましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.