結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

丸帯(まるおび)

丸帯とは女性和装の帯の一種で、現在では、主に舞妓の衣装や婚礼衣装として用いられている帯のことです。戦前までは最も格式の高い、第一和装礼装の帯とされていましたが、現在では この『丸帯』の文様は大変豪華なものが多く、織り込まれているものは『金』や『銀』が織り込まれているものもあります。

『丸帯』自体の大きさも普通のサイズではなく、『広幅地』と呼ばれる普通の2倍の幅で織り、二つ折りにした後、帯芯を入れて仕立ててあります。こうすることで表だけに模様があるのではなく、裏にも文様ができるので、縫い目も片方だけにすることができ、厚みも増すのでより厳かに見えます。一般的な『丸帯』の幅は約65cm~70cmで、長さは約4m~4.5mです。表裏に文様があるので様々な結び方が可能になり、ボリュームのある派手な結び方から、おとなしいものまで、幅広く対応することができます。

和装での婚礼の場面ではかかせない存在です。この帯の色や質感をどのようなものにするかで、雰囲気が変わってきますので、衣装屋さんと相談し、上手にコーディネートしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.