結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

筥迫(はこせこ)

筥迫とは、女性和装の正礼装である『打掛』を着る際に使用する胸元に飾る刺繍と房の付いた飾りの小物入れのことです。この『筥迫』は、胸元の合わせに差し込まれていて、『紙入れ』として実用的に使われていたものでしたが、その中でも装飾品として、『金襴(きんらん)』『緞子(どんす)』『羅紗(らしゃ)』といった華やかな刺繍が施されて、飾り房が付いたものを指します。

『筥迫』の起源は、『紙入れ』と同様、江戸時代に武家の婦人達が使用したポケットの変わり、和風の化粧小物入れがその起源と言われます。つまり、かつては実用的な意味で、懐紙やお香などを入れて持ち歩くためのものが、エチケットの一つとなり、嫁入り道具のひとつとなり、身だしなみのための必需品となっていきました。

その後、婚礼衣裳にまで取り入れられることで次第に装飾的な役割が強まっていき、現在では形式的に、装飾として使用されるようになりました。現代では、ものを入れるためではなく、婚礼衣裳に欠くことのできない装飾品の一つとなり、美しい『打掛』のポイントの一つとなっています。

この『筥迫』は、衣裳の小物としてレンタルする際などに既にセットになっていることがほとんどです。気軽に衣装屋さんに問い合わせてみましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.