結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

掛下帯(かけしたおび)

掛下帯とは、『打掛』の下に着用する帯のことです。『掛下帯』は礼装用に用いられるもので、『掛下』の『振袖』に結ばれる帯です。

一般的には、『振袖』に合わされる帯として『丸帯』が使用されますが、『掛下』には専用の『掛下帯』が用いられます。『掛下帯』の大きさとして、幅約24~26cm、長さ約4m~4m20cm程度となっているようです。これは、一般の『袋帯』よりもやや細め、その上短い繻子総繍の『丸帯』です。特徴としては、締めやすいと言われます。

多くの場合『文庫結び』にされますが、これは『打掛』を着たときの姿を厳かに、形よく見せるためと言われます。この『掛下帯』の生地には、白の唐錦や白綸子などが使用されることが多いです。本来は、江戸時代に武家の女性が礼装用に用いていたのが『掛下帯』でしたが、現在では、花嫁衣装にのみこの『掛下帯』が使用されています。和装を選ぶ女性が増える中、衣裳をレンタルする際、衣裳を買う際などには知っておくと便利でしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.