結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

抱帯(かかえおび)

抱帯とは、『打掛』を着るとき帯の下の位置に結ぶ、とても重要な細い帯のことです。『掛下帯』に付随したもので、華やかな色柄の錦や縮緬、紋綸子などが素材として用いられることが多いですが、今では化学繊維のものもあります。

帯の大きさとしては、幅8cm前後、長さ2m70cm前後です。『抱帯』は『掛下帯』の上や、花嫁の色直しの際『丸帯』の上に左側の後方で蝶々結びにしてあります。もともと江戸時代初期の『打掛小袖』は、身丈が現在よりも短かったと言われ、帯は細くて紐のようなものだったようです。しかし、未婚女性により華やかな『振袖』が着られるようになってから、次第に女性の着物が装飾的になり、帯幅も広くなり、現代のように後結びになりました。帯幅が広くなった場合、身丈が短いままではバランスが悪いことから、自然と着物の身丈も長くなっていき、裾を引くようにまでなります。そのままでは、外出のとき裾を引きづってしまうため、外出する際には裾を引き上げて、抱帯で丈を調節しました。

しかし明治時代になると『おはしょり』をするようになり、『腰紐』が『抱帯』の役割を担うようになると、色も綺麗で華やかな『抱帯』として、装飾の一つとなっていったと言われています。

婚礼の場面では、和装衣裳を着る花嫁は必ず目にする和装小物の一つです。自分で選ぶようなものではありませんが、知っておくと便利でしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.