結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

白無垢(しろむく)

白無垢とは、現在最も定着している、神前挙式の場合に着る白い花嫁衣裳のことです。頭には『角隠し』または『綿帽子』を被り、『打掛』『掛下』『帯』『足袋』『小物』などにいたるまで、全て『白一色』で揃えます。これは欧米などでの『ウエディングドレス』と同様、身の清らかさを示すと共に、相手の家へ嫁ぐ新婦が「どんな色にでも染まる」という意味合いを持っています。一般的にはこの『白無垢』を挙式時に着用し、披露宴では『色打掛』などに掛け替えます。これにより、神様の前では真っ白で、色のない状態から、披露宴会場に移って「嫁ぎ先の家風に染まる」という一種の古くからの演出なのです。

『白無垢』は、武家や侍の家に嫁ぐ花嫁の衣裳として古くから着られてきました。古来、日本では、『白』という色は太陽の光の色として神聖な色とされ、古くは平安朝の頃より、花嫁衣裳に『純白』という色が貴ばれるようになったと言われています。室町時代に入ると、足利幕府が立ち上がり、武家の時代になります。礼道教育が始まり、小笠原流、伊勢流などの礼道が確立すると、婚礼における法式や衣裳なども正式に定められるようになりました。このころ定められたのが、小花で型どった菱形の幾何学的な文様である『幸菱文様(さいわいびしもんよう)』の表着に『白打掛』が着用されたのが花嫁衣装の正式なものでした。これが後の『白無垢』の起源と言われています。

但し、『白無垢』自体が一般に定着するのはごくごく最近です。さらに、婦人は外出の際に小袖を頭から被くようになり、この習慣が婚礼のしきたりにも定められて、『白の小袖』を被くようになりました。これが後に、江戸時代には『綿帽子』、そして今の『角隠し』へと変容していったと言われています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.