結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

打掛(うちかけ)

打掛とは、和装の正礼装のことで、『掛下』の帯つき姿の上に、打ち掛けて用いる『着物』、西洋風に言えば『ガウン』のようなものです。この『打掛』は『帯』をせず、歩くときに『褄(つま)』をかい取らねばならないことから、別名『掻取(かいどり)』とも呼ばれます。

生地としては、『綸子(りんず)』か『緞子(どんす)』を用います。さらに、帯も同じ生地を使います。この時、草履も一般的には生地にしますが、『打掛』の中でも『色打掛』の場合には、『紅白重ね』のものを用いる場合もあります。『掛下』には白地で『綸子(りんず)』か『羽二重』を用いるのが基本です。ただし、『打掛』の色などに合わせて色物が用いられることもあります。この時『長襦袢』には白か掛下と同色のものを使用します。

この『打掛』ですが、別名『打掛小袖』とも呼ばれます。この由来は室町時代にまで遡り、武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたものが始まりと言われます。その後、豪商や富裕な町家が力をつけてきた江戸時代、商人などの一般家庭でもこの『打掛』が着られるようになり、次第に広く、婚礼の礼服として普及していきました。

婚礼の場面では、神前で行われる式の際には『白無垢』、披露宴の際には『打掛』でというのが定着しています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.