結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

色打掛(いろうちかけ)

色打掛とは、色地の打掛に金箔や刺繍がされている『キモノ』、西洋風に言えば『ガウン』のようなもののことを指します。『色打掛』は『帯』をせず、歩くときに『褄(つま)』をかい取らねばならないことから、別名『掻取(かいどり)』とも呼ばれます。

この『色打掛』には、地紋の入った色地に、赤や緑など華やかな色でめでたい『松竹梅』『鳳凰』『鶴亀』『御所車』といった吉祥模様を刺繍したものや、織ったものや染めたもの、白地に金糸の模様を入れたもの、銀糸による刺繍を入れたものや印金・箔などの技法で吉祥文様を施したものなど、『色打掛』には様々な種類があります。

『打掛』とは別名『打掛小袖』とも呼ばれます。由来は室町時代に武家の婦人の秋から春にかけての礼服として羽織のように打ち掛けて着られていたものが後に『打掛』としての地位を築いたと言われていることからです。その為もともとは、白無垢よりも格下の装いとされていましたが、現在は正礼装とされています。室町時代、戦乱の世を経て、江戸時代に入り地位を築いた豪商や富裕な町家でもこの『打掛小袖』が着られるようになり、次第に一般にも婚礼の礼服として普及し、現在の『打掛』となりました。

ブライダルコスチュームとして、和装結婚式の場合は、挙式は『白無垢』、披露宴は『色打掛』というパターンが広く定着しています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.