結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ウエディングドレス(うえでぃんぐどれす)

ウエディングドレスとは、結婚式の挙式時、花嫁が着用しているドレスのことです。一般的にドレス及び『アクセサリー』、『ベール』、『グローブ』、『靴』、『下着』、『ストッキング』などは、花嫁の清純さを表すため、もしくは神の前に立つ時の色である『白色』を基調としています。白と一言に言っても、現在では様々な白色のドレスが存在します。白の種類にも単純な『ホワイト』以外にも、『シャンパンカラー』『オフホワイト』などの白色が使われるなどして、デザインを楽しむことができます。

そもそもこの『ウエディングドレス』の起源としては、古くはエジプトやギリシャの時代までさかのぼると言われています。この頃の衣裳として、清楚な色として『純白』の衣裳が用いられていたことから『ウエディングドレス』の時代は始まります。証拠として、ローマ時代の壁画には、ストラと呼ばれる古代ローマの婦人用チュニックで、裾が長くゆったりして、胸下と腰に二本の帯を締めたものの上にサフラン色の晴れ着をまとい、白いベールで頭を包んだ花嫁が描かれて残っています。その後、ヨーロッパ中世のキリスト教では宗教上の儀式服が黒のドレスと白のベールであったため、これがそのまま婚礼衣装として使用されていました。16世紀のルネッサンス期には一般の晴れ着を結婚式にも用いる様になり、ベールのみが白で黒ドレスではなく様々な色のドレスが婚礼に着られるようになりました。そんな中、初めて白いベールと白いドレスで結婚式を挙げたのは、スコットランドの女王メアリー・スチュアートと言われています。その後、白い『ウエディングドレス』は17~18世紀の間に次第に増え、徐々に形態を変化させて、現在のように白色を基調とするようになりました。

つまり、古くはエジプトやギリシャに起源があるものの、ウェディングドレスが白というイメージが定着したのはごく最近、19世紀後半に入ってからです。この定着の前に、1840年にイギリスのヴィクトリア女王が着た、白いシルクサテンとレース生地のウェディングドレスとベールが正統の花嫁衣裳のシンボルとなったためです。その背景には、この頃のヴィクトリア朝の処女性を極端に理想化する傾向があり、純潔で無垢なイメージを象徴する『白い』ドレスが定着したのです。

これらの背景により、女王をはじめとする王室の花嫁や上流階級の花嫁達が好んで白いドレスを着て、それにより一般庶民の女性達にとっても白いウェディングドレスは憧れとなりました。イギリスは当時最も豊かだったこともあり、現代のように、様々な雑誌やエチケットブックが発行され、上流階級の結婚式や礼法が一般に広がるきっかけを作りました。

その一方で、結婚式は宗教上の儀式であり、そのような側面から、戒律に厳しく、儀式を重んじるカトリック系のキリスト教では、肌の露出を極力抑えることが求められるため、床まで裾を引くトレーンの長いドレス、長袖、または長いグローブを身につけ、ベールは顔を隠すものとして、極力肌を見せないように行われました。襟元はあまり露出せず胸元が隠れるようにし、長いトレーンを使用することは格式があるとされました。

現在の日本では、ウエディングドレスと言えば白のドレスの事を指し、花嫁の憧れとなっています。そのラインの違いや、トレーンの長さ、ベールの種類などで、様々にアレンジして、自分に一番似合うよう、しっかりコーディネートしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.