結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)

紋付羽織袴とは、現代における男性の和装第一礼装のことです。この紋付羽織袴は結婚に関する行事では『結納』や『結婚式』の際着用されます。また、その他、『葬儀』『式典』などの冠婚葬祭で用いられます。

この『紋付羽織袴』は『紋付』と省略されたり、『紋服』とも呼ばれたりします。『紋付羽織袴』を着用の際には、『羽織』に『黒羽二重』を用います。そして『羽織紐』には丸組みや白の平打ちの紐を使用します。この際、『花結び』などは略礼装の場合の結び方なので、房を上にして嶋尾の前で結ぶ『殿様結び』で仕上げるのが正装の結び方です。

『長着』には『黒羽二重』を用い、季節に合わせて変わります。また『袴』は黒や茶色の縦縞柄の『行燈袴』や『乗馬袴』、仙台平の生地の袴を使用します。『帯』は『角帯』で、『足袋』は『白足袋』を使用します。

この時着用する『黒羽二重』の起源は10世紀頃にまでさかのぼると言われています。その後、『黒紋付袴』として確立したのは最近のことで、江戸時代初期ということです。当時、『羽織袴』は武士の普段着で、正装は『裃』でした。それが、江戸中期になり、下級武士や町人の礼装として『紋付羽織袴』が使用されるようになり、幕末には、武家の公服や準礼装として扱われるようになっていきました。明治時代に入り、明治維新によって『裃』が廃止されたことから、次第に男性の最上級の和装礼装として一般に広く普及していったのがこの『黒羽二重』、『紋付羽織袴』なのです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.