結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紋付・紋服(もんつき・もんぷく)

紋付・紋服とは、二つの意味を持った和装のことです。一つが、「家紋を付けた礼装用の和服のこと」であり、二つ目が「家紋が付いていること、紋そのもの」といった意味を持っています。但し一般には、『紋付・紋服』と言えば一つ目の「家紋を付けた礼装用の和服のこと」の意味で使われる場合が多く、男性の和服第一礼装でもある、五つ紋の黒の『紋付羽織袴』を指しています。

女性用にも紋の付いた着物として『打掛』『色打掛』『留袖』『喪服』などがありますが、これらについては『五つ紋』とは呼ばれず、名前の上に「五つ紋の~」「紋付の~」という形容詞で表現します。

『紋付・紋服』の種類としては、正礼装である『五つ紋』の他に『三つ紋』『一つ紋』など様々なものがあります。中でも最も格式が高く正式なものは、『背紋』『袖紋』『抱き紋』の『五つ紋』です。後の『三つ紋』は『背紋』と『袖紋』、『一つ紋』は『背紋』のみとなり、紋の数が少なくなっていくにつれて略式とされています。また紋は『染め抜き』を施された紋が正式な紋で、縫い紋は略式です。但し、現在日本の結婚式で使用される際の『紋付・紋服』はレンタルであることが多く、染め抜いたり、縫ったりできないので、シールを貼ることで対応しています。

この紋の起源は、平安時代にまでさかのぼります。当時の公家社会において装飾用に紋が用いられたのが始まりとされています。その後の武士文化の発展に伴い、旗印に紋を紋章として用い、階級や身分をもあらわすようになります。よく時代劇などで見る旗の印を思い浮かべると良いでしょう。戦乱の世が去り、世が安定した江戸時代を迎えると、商人などの庶民も台頭してきました。そうすると今度は苗字を名乗りはじめると同時に『家紋』も作るようになっていきます。このような流れを経て、現在の紋付の文化が定着していったと言われています。
日本の結婚式においては、神前式・人前式などの際、着用されます。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.