結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

タキシード(たきしーど)

タキシードとは男性の夜の準礼服のことです。『タキシード』とはアメリカの呼び方で正しくは『タキシード・コート』と言います。しかし、イギリスではこの『タキシード』のことを『ディナージャケット』と呼ぶため、しばしば日本でも『ディナージャケット』と呼ばれることがあります。

この『タキシード』は『燕尾服』に準じる男性の略式夜会服で、シルクが施されたショールカラーのジャケット、黒いシルクサテンのボウタイ、プリーツの入ったシャツが基本で、パンツには側章が1本入っています。このように元々は夜の準礼装とされていた『タキシード』ですが、本来の正礼装である『燕尾服』が古い物としてあまり着られなくなったため、近年では正礼装も『タキシード』というのが一般的となっています。

さらに、元々は夜のみの礼装でしたが、昼からの着用も可能になってきています。現在ではカマーバンドと共地の蝶ネクタイを着用するが、元来は黒(ブラックタイ)と決まっていたため、『ブラックタイ』とも呼ばれます。ですから例えば、招待状に『ブラックタイ』と書かれていた場合、『ブラックタイ』とは『タキシード』のことを指すため、これを着用して行きます。

タキシードの歴史は、1886年10月10日に始まります。この日にニューヨークの『タキシード・パーク倶楽部』において開かれた正装舞踏会で、全員が正礼装である『燕尾服』を着ている中、グリスウォルド・ロリラードという人物が着用した真っ赤なスモーキングジャケットが『タキシード』の始まりであると言われています。つまり、実際にはとてもカジュアルな服装として『タキシード』がうまれたと言う訳なのです。

この裏話に、彼がおしゃれの為ではなく、『燕尾服』に着替えるのを忘れ、部屋着の尻尾の無い服のままで、控室からホールに出て来てしまったのが事の真相だそうで、これは世界中で『タキシード事件』としてよく知られる話です。また、『タキシード』名前はこのクラブの名前からつけられたと言われています。

日本の結婚式では、必ずと言っていいほど新郎が『タキシード』を着用します。新郎がタキシード、新婦がウェディングドレスという組み合わせが一般的になっています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.