結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

六曜・六輝(ろくよう・ろっき)

六曜・六輝とは、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種のことです。日本では暦の中でも有名な暦注の一つとして、『七曜』が利用されるようになった今でも一般のカレンダーや手帳に記されていたりします。この『七曜』が使われるようになってから、それと区別するために、『六曜』を『六輝』とも呼ぶようになりました。

六曜は基本的に『先勝』→『友引』→『先負』→『仏滅』→『大安』→『赤口』の順に巡ります。旧暦の月の一日に合わせて六曜・六輝の配置が決められています。例えば、『大安』であれば『旧暦の月』と『日』の数字の和が『6の倍数』となるよう配置されます。この『六曜・六輝』と現在使われる『七曜』の大きな違いとしては、『六曜・六輝』は物事を行う日取りを選ぶ際の吉凶を占うために用いられているということです。

『六曜・六輝』の起源は室町時代にまでさかのぼります。中国において春秋戦国時代に発祥したと言われている『陰陽五行説』が日本に伝わり、現在の『六曜・六輝』が確立したと言われています。しかしこの『六曜・六輝』が発祥した当時は、現在の『七曜』と同じように1か月を5等分し、それに当てはめて曜日を区別するという目的の為に使われていました。

この『六曜・六輝』が時代の流れとともに、その時代背景と共に、名称を変えたり、様々な解釈をされたり、順序も変化をとげた結果、現在のように吉凶を占う材料として用いられるようになりました。江戸時代に入ってからのことです。

明治時代に入り、この『六曜・六輝』を使って吉凶を占うことは禁止されましたが、それが逆に庶民の間での人気に拍車をかけることになったと言われています。結婚式などの慶事や祝事には『大安』や『友引』がよいとされ、結婚式場も『大安』の日の人気が高く、仮予約がなかなか撮れなかったりします。逆に縁起があまり良くないとされる仏滅の日は人気がなく、一日に何組もの結婚式を扱うホテルなどでは、貸し切り感が味わえたりします。お日どりを気にされない方にはお勧めです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.