結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

仏滅(ぶつめつ)

仏滅とは、陰陽道の六曜・六輝のひとつで、その字より「仏も滅するような大凶日」という意味を持った日であり、「最も凶であるとされる日」のことをいいます。元々は『空亡』『虚亡』と言われ、この日を「物事全てが虚しい日」「物事が滅する日」と解釈して『物滅』と呼ばれるようになりました。

ちなみに『空亡』『虚亡』とは十二支と十干の組み合わせにより『欠けた干支』のことを言います。これは六甲空支法の『空弧』と『虚亡』をこれが近年になり、『物』という字に『仏』が当てられ、『仏滅』となったといわれています。つまり、『仏陀が入滅した日』と解釈する人もいますがね実際はあまり関係有りません。仏陀が入滅した旧暦2月15日が必ず『仏滅』となるのは偶然で、本来は『物事』という意味で『ぶつ』と言っており、関係は特にありません。

この「物事が滅する日」という意味より、結婚式などの慶事は避けたほうが良いとされています。仏滅の日は会場も空いていることが多く、割引プランを設定しているところもあるので、特に気にしないという人はチェックしてみるといいでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.