結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

先負(せんぷ)

先負とは、陰陽道の六曜・六輝のひとつで、「先んずれば負ける」の意味を持った日であり、「万事において平静であることが良いとされる日」と言われています。つまり、早い『午前中』は『凶』、『午後』は『吉』とされます。特に『急用』や『勝負事』、『公事』などは避けるべきとされている日でもあり、何事もあわてずに行動すると良いと言われています。

読み方としては『せんぷ』が一般的ですが、『せんまけ』『さきまけ』『せんぶ』とも読まれます。元々は『小吉(しょうきち)』『周吉(しゅうきち)』と書かれて吉日とされていましたが、『先勝』に対して『先負』とされ、その字面につられて現在のような解釈がされるようになりました。

この『先負』ですが、結婚式においては『仏滅』以外は気にしないという方が多いのが事実で、そんなに人気のないお日にちではありません。但し、この意味を知って、かつ良いお日にちを気にされる方は、午後、昼過ぎくらいからお式を挙げられ、夕方くらいに披露宴が終わるように時間設定をされる方もいます。但し、かつて吉日であったこと、字の持つ雰囲気が『赤口』『仏滅』と比べて悪くないことから、『先負』というお日にちを避けるかたはあまりいません。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.