結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

カット

カットとは、ダイヤモンドの全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態のことです。ダイヤモンドの品質を評価する『4C』のひとつでもあります。ダイヤモンドは特に『輝く宝石』として重宝される宝石ですから、この『輝き』を左右する『カット』の形や研磨状態は非常に重要です。

実は、ダイヤモンドの四つの品質基準『4C』のうち、この『カット』だけがその評価について国際的な表示方法などが統一されていません。というのも、ダイヤモンドを『カット』する技術を持つ、カット職人には、それぞれクセがあり、それぞれの良さがあるためです。また、これにより『カット』の方法にも多くの種類がある為、何が良くて何が悪いとは言えないのが現状なのです。ですから、あくまで一つの『参考事項』として、『4C』の中の『カット』という項目があるのです。

日本での評価基準としては、『エクセレント』『ベリーグッド』『グッド』『フェア』『プア』の五段階があります。カットの種類としては『ラウンド・ブリリアントカット』と呼ばれる円形のスタイルとハートや楕円形などの『ファンシーカット』に大別されます。特に『ファンシーカット』の場合は、さらに細かい種類があります。

『カット』のグレード評価は前の『ラウンド・ブリリアントカット』のみに適用されます。他の形のダイヤは評価できません。

カットを評価する基準は、大きく分けて『プロポーション』『フィニッシュ』『ポリッシュ』を総合的に判断して評価されます。ダイヤモンドがいかに美しく輝くかは『カット』の技術にかかっています。しかし、『エンゲージリング』『マリッジリング』に使用するダイヤモンドについては『カット』評価というのは、実際に目で見て確かめ、どの輝きが一番自分にしっくりくるか、です。

例えば、有名なカット職人が手でカットしたダイヤモンドは、最近の機械による綺麗なダイヤモンドの輝きに比べると、ややおとなしい印象を与えることが多いです。というのも一つ一つハンドメイドで『カット』していますから、一粒一粒のダイヤモンドが様々な光方をするからなのです。一概に「最も輝くから良い」とは言えないのです。『カット』の評価ばかりを気にするのではなく、自分の目で見て、自分が好きな輝きのダイヤモンドを選びましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.