結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ダイヤモンド

ダイヤモンドとは、結晶構造を持つ『炭素(C)』の同素体の一つであり、地中深く眠っていた『炭素(C)』が何千年もかけて地球内部の高温高圧力によって生成される、8面体構造を持つ結晶のことです。ダイヤモンドの硬度は『10』で、これは天然の全鉱物の中で最も『硬い』物質です。別名『金剛石』とも呼ばれます。ダイヤモンドの持つ『石言葉』は「永遠の絆」「純潔」で、4月の誕生石です。また、「最も硬い鉱物」「永遠に輝きを失わない」という性質より、「永遠の愛を誓う」婚約・結婚とかけて、『エンゲージリング』によく用いられる宝石です。

ダイヤモンドの歴史は古く、人類が初めてダイヤモンドと出会ったのは紀元前4世紀頃の古代インドと言われています。その後、ギリシア、ローマ帝国全土に伝わり、広まっていきました。当初は今のように掘って発見するのではなく、風化浸食された原石が河川などで運ばれて推積したものが採取されていました。それから15世紀に至るまで、ダイヤモンドの産地はインドだけで、その後ブラジル・南アフリカなどでもダイヤモンドが発見されるようになり、『デ・ビアス社』により、独自の販売機構が確率されるようになりました。現在では産出量の85%をコントロールし、市場を安定させています。

このダイヤモンドですが、15世紀にダイヤモンドの『粉』で磨くことにより輝きが増すことが発見され、『ブリリアントカット』が考案され、その品質は『4C』、つまり『カラット(重量)』『カラー(色)』『クラリティ(透明度)』『カット(研磨)』といった4つの基準により鑑定されています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.