結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

マリッジリング(結婚指輪)

マリッジリングとは、結婚の後に夫婦が左手の薬指にはめる結婚指輪のことです。

この『マリッジリング』は結婚式中の儀式『結婚の誓約』の後に『指輪交換』にうつります。日本では結婚指輪を『マリッジリング』と呼びますが、欧米での正しい呼び方は『ウェディングバンド』や『ウェディングリング』です。

『マリッジリング』は基本的には、常に身に着けることになりますので、飽きないデザイン、無理のないサイズで選びましょう。

この『マリッジリング』の歴史も、古代ローマの時代まで遡るようになります。当初マリッジリングの素材は鉄でした。その後も時代背景と共に『マリッジリング』の素材も変わり、また『マリッジリング』の意味合いも変わってきたと言われています。例えば、古代ローマの時代では、女性が『マリッジリング』をつけることは「誰かの所有物になっている女」という意味を持っていました。現在の日本では、素材はプラチナが主流です。ただ、これも国や宗教によって異なり、欧米では現在でも金の『マリッジリング』が主流です。

『マリッジリング』を『左手の薬指』につける理由は諸説あり、11世紀頃、教会が結婚指輪に祝福を与えるようになったのと同時に結婚指輪を左手の薬指にはめる習慣が生まれた、という説もあれば、古代エジプトの言い伝えで、「左手薬指の血管が直接心臓と繋がっている」ということから『左手の薬指』に『マリッジリング』をするようになったという説もあります。

他にも西洋ではどの指に指輪をはめるかによって意味がありました。その中で、左手には『信頼』と『服従』という意味があり、薬指には『愛情』という意味があります。この意味を解釈して、『マリッジリング』を『左手の薬指』にはめるようになったとも言われています。指輪自体は、継ぎ目のない「輪」であり、尽きることのない愛情を表すとも言われます。特に『マリッジリング』には相手に対して『誠実』であること、という意味がこめられています。また、挙式スタイルがチャペル・チャーチ式である場合はこの気持ちを神に対しても誓うことになります。

日本では1970年ごろから『マリッジリング』という習慣が急速に定着し、指輪をつけない人でもチェーンに通して首からさげるなど、デザインも身に付け方も多様になってきています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.