結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

広蓋(こうがい)

広蓋とは、黒塗りのお盆のことです。結納式においては、新郎家より新婦家へ『目録』と『結納金』を手渡す時、この『広蓋』にのせ、正式にはその上に掛け袱紗を掛けて渡されます。

この『広蓋』は文字通り、もとは蓋だったものが、鎌倉時代には独立して使われるようになり、そう呼ばれるようになったと言われています。室町時代にはその丁寧な作法なども整えられ、祝い事などの席に置いては丁寧な扱いに欠かせない物の一つとなっていきました。

同じ様な用途で使われる、よく間違われがちな『切手盆』との違いは、大まかに言えばサイズのみの違いです。この大きさの違いにより、『広蓋』は物なども乗せることができるのに対し、『切手盆』はお金を乗せる専用のものとなっています。『広蓋』には、新郎家の『家紋』を掘っているものもあり、豪華な作りのものが多いです。その為、昨今の簡単な結納においては豪華すぎて恐縮してしまうこともあるので、『広蓋』の代わりに『切手盆』を使うところも増えてきています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.