結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

結納品(ゆいのうひん)

結納品とは、結納の際、両家で贈り合う物のことです。結納品には『婚約の証』『嫁取りの代価』また『両家の発展』などを願って受け渡されます。また、相手側に挨拶するという意味合いを込めて縁起物を贈り合うのです。新婦家がこの結納品を受け取った後は、結納品を片付けてしまうのではなく、結婚式当日まで床の間に飾っておくという習慣があり、この事から結納品を『結納飾り』と呼ぶこともあります。

結納品として代表的なものは、目録・金包・高砂人形・長熨斗・末広・勝男武士・子生婦・寿留女・家内喜多留などが挙げられます。但し、結納品の内容や品目数は、地域のしきたりによって大きく違いますので注意しなければなりません。また、お返し結納を行う際は、結納品の数を男性側と女性側で揃えるか、もしくは女性側が2品目少なくてもかまいません。新郎家新婦家で、地域が違う場合は相手の地域の結納のしきたりをよく調べて、準備を進めましょう。

結納品を贈る際には、関東式の場合は全ての結納品をまとめて一台の『白木の献上台』に載せますが、関西では結納品一品に一台ずつ『白木の献上台』を用意します。また、結納品を贈る際には『目録』に結納品の内容を墨で記し添えて相手に渡します。受け取る側は結納品を受け取った証として『受書』を渡します。

結納品は、時代と共に少しずつ品目を変えていっています。昔は『花嫁のお仕度物』というイメージでしたが、現在の結納品の意味合いとしては、『伝統的な飾り』というイメージに変化してきています。そのため、結納品の一つでもある『小槌』などは、紙で作った簡易小槌で飾られる方もいますし、時代とともにその姿を変えていっています。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.