結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

松魚料(まつうおりょう)

結納の時、結納式の後に新婦家の用意したご馳走を頂く場合、そのお食事代として新郎家はこの『松魚料』を新婦家に納めます。昔は実際に魚を贈ったと言われています。関東ではこの『松魚料』のかわりに『勝男武士』を贈ったり、九州では『生鮭』など現物を納めることもあります。

この『松魚料』とは『さけのさかな』という意味で、「松魚料」と書いてお渡しします。同じ様な意味を持つ『酒肴料(しゅこうりょう)』との違いは、お膳についてもらっておもてなしをする予定だったのに、何かの都合でその席についていただけなかった場合、その代わりにお渡しするが『酒肴料』であるのに対し、『松魚料』はお食事代という意味であることです。但し、現代ではほとんど意味が混同しています。

相場としては、例えば100万円の結納金の場合、『家内喜多留』と『松魚料』を合わせて結納金の一割、10万円となります。この『家内喜多留』と『松魚料』は7:3の割合ですから、この場合『家内喜多留』料が『7万円』、『松魚料』が『3万円』となります。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.