結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

結納(ゆいのう)

結納とは日本の伝統的な婚礼行事の一つであり、『結納』をすることで初めて二人の結婚の意志が公のものとなります。つまりお互いが婚約者として公私共に認められることになる結婚の前の『婚約式』のような意味を持ちます。また両家の関係をより深いものにする意味も持っています。

結納という言葉は、本来は『ユイノモノ』といいます。これは両家が新しく姻戚(こんせき)となる、その関係を取り結ぶ祝宴の際のご馳走を表す言葉です。 その祝宴の際のご馳走に、新婦の衣装(の為の布)・身の回りのもの・お金などが加えられて、それら全部を総称して『結納』と呼ぶようになったと言われています。

この結納に関わるもっとも古い記述は日本書紀の中にあります。「まだ皇太子であった頃の履中天皇が黒媛を妃として迎える際に『結菜』という贈り物が渡された」と記述されています。平安時代に一般的であった『婿入り婚』という結婚の形は室町時代になり『嫁取り婚』に変化し、同じ時期に中国の婚礼制度が日本に伝えられ、中国の『結納』が日本でも確立されていきました。

この結納行う時期としては結婚式の3~6か月前が一般的ですが、早めに『婚約者』という間柄になりたいのであれば早めでもかまいません。最近では『顔合わせ食事会』などで結納をしない、もしくは簡単に済ませてしまうケースが多いですが、正式には使者を立てて結納品を送りあうのがしきたりです。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.