結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ゲストのマナー

ゲストのマナーポイントは4つあります。
(1)真っ白は花嫁の色です
(2)お葬式を連想させるような真っ黒のコーディネート
(3)革製品
(4)挙式会場別のTPOを考えたドレスで

そもそも(1)の『白』という色は神様の前で花嫁が『誓う』為の色です。花嫁は神様の前に立つために、白色を着ているのが本来の考えです。そして、披露宴では人間の前でお披露目するわけですから、今度は色のついたドレスを着てくるのです。この概念は今ではあやふやになっていますが、この元の意味を考えても、白という色を主役である花嫁を差し置いてゲストが着る、というのはマナー違反ですね。華やかな場所ですからあくまで『華やか』に、けれど花嫁を引き立てるように心がける事が招かれたゲストとしての基本的なマナーです。

また、全身真っ白もタブーであれば、(2)真っ黒というのもNGです。真っ黒で連想するのは同じ冠婚葬祭でも『葬』のほう。慶び事ですから、それ相応の喜ばしい姿で参加しましょう。特に、女性は少ないのですが男性は黒いシャツをスーツジャケットの中に着てくる人もいます。お二人の友人として、親族から厳しい目で見られていることを忘れないようにして下さいね。でないとお二人に迷惑をかけることになります。

(3)の革製品というのは大分緩くはなってきましたが、やはり年配の方にとって革製品というのは『殺生』を意味するということで、結婚式にそれを持参することは敬遠されます。合成皮革でも、見た目は革です。ゲストの方達は皆、友人代表として参加されています。ご親族も友人を見てお二人の家柄を判断しますから、身なり、振る舞いには注意して下さい。

最後に(4)は特に挙式会場がどこかということで左右されてきます。例えば挙式会場がチャペルであれば可愛らしいキャミソールのドレスでも露出が目立つことはありませんが、本物の教会でのお式になると、雰囲気はガラリと変わって厳かなものになります。そこで、キャミソールドレスで露出が多いと、雰囲気を壊してしまうことになります。また、高級レストランでの挙式などでは、普段からドレスコードを設けているレストランも多いので、少し上品なジャケット・上着を着ていかれるようにしましょう。

気になるようでしたら、ドレスコードを事前にお二人、または会場へ問い合わせるようにしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.