結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

会場とのやりとりのマナー

会場のやりとりのマナーポイントは2つあります。
(1)プランナーと仲良く
(2)「安くして」など、命令形で言わない

(1)に関しては、これまでに述べたとおりです。仲良くすれば色々とお二人にとって良い事があります。

(2)なのですが「安くして」と言われると、プランナーは非常に困ります。

プランナーとのやり取りで、散々申し上げているのが、「仲良くして」ということですが、この「安くして」という言葉の使い方には特に気をつけてください。この命令の言葉は、会場とのやり取りではタブーです。

プランナーは「これ」と決まっている物を売っているわけではありません。あくまでお二人の叶えたい結婚式をお聞きし、それを叶えるのが仕事なのです。

ですから「安くして」と命令されても、その時に出来る限りの努力はしてくれますが、結局はお二人の頼んだお花の質を下げたり、ドレスの料金を暫定的に下げたりというだけなのです。つまり、結局は「安く出来ない」のが現状です。

それは、プランナーが『営業』ではないからなのです。プランナーは『販売』でも『営業』でもなく、会場の中でも最もお二人に近い存在、『相談係』なのです。ですから、プランナーに料金の話をするということは、「事務の人に値引き交渉をしている」ようなものなのです。ここで大事なのは、お二人と会場を結びつけるのがプランナーだという認識をしっかり持っておくことです。

もし、会場が気に入ったのであれば伝えてください。

「この会場がとても気に入りました。」

その上で、料金的な話に持っていきましょう。そうすれば、プランナーも人間です。

「この会場が大好きで、ここでどうしてもしたいのですが・・・実は、このお見積もりでは支払いが不安です。予算は○○円です。どうすればいいでしょうか。」

と問い合わせてください。この悩みを解決するのがプランナーの仕事です。アドバイスをしてくれる場合もあれば、予算が低すぎる場合には各業者に問い合わせて、何とかしてくれる場合もあります。それだけ努力をしてくれるのは、プランナーがお二人のことを「どうにかしてあげたい!」と思っているから。「安くしろ」「あれをしろ」「これをしろ」などという命令の言葉では、プランナーのすることに心が入りません。

結婚式場に限ったことではありません。「安くして」と言われるよりは、「予算がこれだけだがどうしたらいい?」と相談してくれた方が、お二人がプランナーであればきっと気持ちいいでしょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.