結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

両親挨拶のマナー

両親挨拶のマナーポイントは2つあります。
(1)先に新婦家に挨拶に行く(貰う方が貰われる側に)
(2)服装は慎重に


「結婚しよう!」「うん!」

プロポーズをした・受けたはいいけど、これからどうしたらいいの?とりあえず挨拶に・・・?

そうですね。最近では挨拶に行く前に会場を見て回られる方もいらっしゃいますが、それではまるで「許して貰っている」かのようになり、お互いのご両親に失礼となりますので、ご注意下さい。まずは、お互いの大先輩でも有り、これまで苦労して育ててくれたご両親に「ありがとう」「これからよろしく」の意を込めて挨拶に行きましょう。

まず、(1)に述べたようにご両親への挨拶は通常の『嫁入り』形式であれば(つまり新婦が新郎の苗字になる場合)、新婦の家に先に挨拶に行きましょう。なぜなら、新婦家としては「嫁を出す」ことになりますので、その許しを請うのが先だというわけです。

そして、新婦家で許しを貰ったら、新郎家に行き「許しを得ましたので結婚します」という『報告』というスタンスで新郎家ご両親に伝えるのです。これが、従来の基本マナーですが、最近ではお互いの家の両親も仕事に忙しかったりと、なかなか日にちが合わず、新郎家に先に挨拶に・・・ということもあるでしょう。気にされないご両親も多いですが、気にしないと思っていても念のため「日にちが合わないので、先に新郎家に挨拶に行きます。」と一言伝えることが大事でしょう。

また、(2)の服装は昔であれば『フォーマルスーツ』などでしたが、今は上品なワンピースにジャケットを着たりと、様々です。だからといって、あまりカジュアルな服装はお勧めしません。第一印象は8割がた見た目で決まると言われています。そして、第一印象が悪かった場合、それを『変える』ことは容易ではありません。「相手にどう見られたいか?」しっかり考えましょう。

「今までに両親と会って話をしたことがない」という方は、できれば先に結婚した兄弟姉妹、または自分の大先輩である両親にも相談したりして、慎重に服装を選ばれるのが良いでしょう。また、事前にご両親の好きなものを聞いておき、それを手土産として持参するのも、良い手ですね。

ただ、一番大事なのはお二人が「どれだけ真剣に結婚したいか」という気持ちです。その気持ちをしっかり言葉に出して言えるよう、心の準備が必要です。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.