結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

3.衣裳はこだわるからこそレンタル

この逆の事を言われた事がある方は多いでしょう。確かに婚礼衣裳はレンタル料金が高いので「実はご自分で買ったドレス、つまりセルドレスが安いんですよ。」と言われると、「そっちのほうがいいじゃん!」と思ってしまいます。けれど、本当にそうなのでしょうか?

結論から言います。答えは「NO」です。

なぜって?それは当り前のことです。高いレンタル料金の衣裳は買えば何百万円もします。こだわりの小物や素材を使っていますから、当然のことです。ですから、同じものを「買う」セルドレスとなればもちろんレンタルよりも金額的に「高い」のは当然です。

しかし、レンタルでもセルドレスでも同じ値段もしくはセルドレスを買ったほうが安い値段が表示されていることがあります。これは「ドレス屋さんでは扱わないような『安い』ドレスを大量生産して売っている」からです。つまりまとめれば、「いいものを安く着たい」のであればレンタルが、「同じ値段払うなら、安いドレスでもドレスが手元に残る方がいい」というのであればセルドレスになります。

また、セルドレスが例え格安で手に入ったとしても、セルドレスにはそれ以上の「投資」が必要となってきます。通常ドレスをレンタルした場合、ドレスと一緒にたいていは小物が付いてきます。そのドレス専用に作られた「ネックレス」「イヤリング」、「真っ白い靴」や「ヘッドアクセサリー」・・・こういったものが意外と金額的に高いのです。

ですから、例え10万円でドレスを買っても、それ専用のイヤリングやネックレスを買い、靴を買い・・・となると、いつのまにか30万円にまで膨らんでいたりします。なので、セルドレスの場合の衣裳代とレンタルドレスの場合の衣裳代は平均的にはほぼ同じとなっています。

また、海外旅行の場合は迷わず「国内でドレスを選んで、持って行く」ことをお勧めします。なぜなら、海外のチャペル・チャーチのお衣裳は「海外の人用の衣裳」です。体系の違う日本人には、少々大きすぎるといった失敗例がたくさんあります。

このように、衣裳のデザインにはもちろんこだわって欲しいのですが、「どこで借りるのか。」もしくは「借りるのか、買うのか」ということまで慎重に考えて、自分にあったスタイルで衣装選びをしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.