結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

最初の見積もりで大丈夫と思っていたのに

「お二人の為に作りました。」

会場にご見学に行かれると必ずそう言ってお二人専用の「お見積もり」が差し出されます。実は、結婚式費用を長年見続けてきた、また見積もりを実際に何百件も作ってきた私でさえも時々欺かれてしまうほどの、たくさんの仕掛けがその「お見積もり」には仕組まれているのです。

もし、お手元に「お見積もり」をお持ちの方はご用意してお読み下さい。

まず、「サービス」という表示はありますか?あるという方はその総額を割り出してみてください。例えば「50万円挙式料サービス」+「衣裳1点ずつサービス」であれば、50万+衣裳の平均金額の30万円(1点の場合)を足してください。半額割引は半額を足してください。

その割引になっている金額、実はその分だけは各式場のプランナーが「取り返し」に来ます。つまり、それ以外の所で「サービス」となっている料金分以上は確実に料金が上がるということです。多くの場合これが、会場プランナーの「ノルマ」となり、そのアップした金額の何割かがプランナーの給料となるわけです。

「え?でも、これ以上値段はあがらないってプランナーさんが言ったんだけど・・・」

この、値段が上がらないというのは「何も変えなければ。」という条件付なのです。

例えば、「新しいコース料理に変わりましたので、試食して料理のコースを決めてください。」と言われて行ってみると、新しいコース料理では和洋折衷のお料理が。「親族の方など、和食のほうがいいかもしれませんね。」そういって勧められて値段を見てみると、追加料金はゲスト一人に3000円。人数が80名であれば24万円の追加です。渋っていると、当初決めていた料理のあまりの品数の少なさに愕然。「料理は、ゲストの方の思い出に一番残るものでもありますから」などといわれて、結局は料金アップにつながったケースは結構多いですね。

また、お衣裳も「サービス」と書いてあり、かつ「追加料金なし」と書かれていたにも関わらず最終金額の請求書を見ると「追加料金70万円」。問い合わせると、当初の見積りの下の方に小さく「上限70万円まで」と書かれています。これは、定価がということになりますので、お衣裳だけで140万円の衣裳を借りられたお二人は、70万円の追加が出てしまったというわけなのです。

また、「キャンドルサービス」が無料と書かれていても、キャンドルの周りの花・トーチの料金は別料金です。何かを「サービス」することで、必要となってくる付属品で利益を上げる方法が多くの見積りに仕組まれています。こういった場合は「花やトーチ代を払う」か「サービスを権利放棄する」かどちらかです。

見積りはあくまで目安です。現在出ている見積りにホテル・公共会館であればだいたい50~100万円プラスで、ゲストハウス・専門式場であればだいたい150~200万プラスでみていた方が無難ですね。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.