結婚式

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

意外に高くない?海外挙式

浜辺でのウエディングフォト撮影、リムジンでのお出迎え・・・。そんな夢のようなウエディングが叶うのが海外挙式。夢が叶って、セレブ気分も味わえる・・・その割に安価なのが海外挙式です。

しかし、安価といって勘違いはされないように。海外のほうが総合的に安くついても、国内挙式と比べお二人の負担総額は高くなります。つまり、簡単に言えば「お祝儀がない」ということです。通常国内挙式披露宴であれば、ゲストの方は平均的にお一人3万円は持っていらっしゃいます。しかし海外挙式の場合にはそういった「収入」があまりあてにできません。もしお祝儀をもらえたとしても、5万円貰ったら半額は「お祝い返し」しなければならないので、2万5千円しか手元に残りません。圧倒的にお2人の負担額は増えます。

しかし、海外から帰ってきて国内で「披露パーティ」をされるのであれば別です。披露パーティをする場合、「お祝儀収入」があります。この場合はほとんど「二部式」を別日でするのと同じです。つまり「衣裳代」「美容着付代」が2倍かかるだけで、費用面では「挙式+披露宴」の後で「海外へハネムーン」という方の費用とほとんど変わりありません。

つまり、海外挙式はものすごく高くはありませんが、「海外だから安い!」ということはないのです。勘違いされて早々と決められてしまう方もいらっしゃいますが、もし値段に驚いてキャンセルという場合にはやはりキャンセル料金が発生してしまうのでキャンセルできないという事態にもなることがあります。決して「安くはない」ことだけは覚えておきましょう。

その上で、やはり海外にはたくさんの魅力があります。例えば、国内では体験できないような本物の「教会」「宮殿」などで挙式ができます。そういった場所での挙式・写真というのは、日本国内でどんなに挙げようとしても挙げられない、撮ろうとしても撮れないものです。そこには歴史があり、祈りがあり、何より「本物」という重厚さがあります。しかも、海外にただ行くだけであればいつでもできますが、「海外で結婚式をあげる」ことは一生のうちに何度もあることではありません。

そういった海外挙式のメリットに魅力を感じる方には海外挙式がお勧めです。ただし、注意することとしては「挙式会場の予約はほとんどが1年前に始まっている」ということ。通常旅行料金が改定されるのが4月と10月ですので、旅行は早くても半年前の予約となります。しかし、挙式会場である海外の教会やチャペルの予約は1年前から始まっています。良い日を取りたいようであれば、挙式会場だけは早めに予約をしましょう。

スポンサード リンク
?結婚式コンテンツ一覧
結婚式関連用語集» 結婚式関連用語集TOP
顔合わせ・結納関連用語集
婚約指輪・結婚指輪関連用語集
式場選び関連用語集
衣裳関連用語集
婚礼写真・婚礼装花関連用語集
婚礼美容関連用語集
挙式関連用語集
披露宴関連用語集
その他関連用語集
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.